「西武」タグアーカイブ

「西武鉄道 至福」 52席のために運行される観光列車が登場

こんにちは営業部の原です。

 

昨日の21時26分に熊本で発生した大地震。

テレビでは現在でも地震の状況が放送されております。

 

改めて地震の怖さを感じました。

 

早急な復旧を希望し、お住まいの方が少しでも早く

平穏な暮らしができることを願っております。

 

 

 

さて、話は変わりまして関東の西武鉄道では

初の観光列車「至福」をデビューさせると発表しました。

 

1041287

なんと、列車内で食事が楽しめるレストラン列車なのです!

 

 

<至福 列車の説明>

 

外装は西武線の代表的な観光地とされる秩父の四季と、

秩父や武蔵野を流れる荒川の水を表現。

 

1号車は「『春』芝桜、長瀞の桜」、

2号車は「『夏』秩父の山の緑」、

3号車は「『秋』秩父連山の紅葉」、

4号車は「『冬』あしがくぼの氷柱」

のイメージでデザインしたという。

 

ロゴマークは秩父の自然をトランプの柄に見立ててデザインした。

 

車内は1号車が多目的スペース車で、

2号車と4号車は食事も楽しめる座席車(オープンダイニング)、

3号車は厨房車になる。

 

改造前の定員は4両編成で522人(うち座席264人)だったが、

「52席の至福」は愛称の通り座席のみの52人とし、

2号車と4号車に各26席を設けた。

 

オープンダイニングの2・4号車は、

大型テーブル付きの4人席と2人席を設置。

各席の間にはデッドスペースも設けてゆったりとした配置になった。

内装には沿線の伝統工芸品や地産木材を一部に用いており、

2号車は天井に柿渋和紙を使用。

4号車の天井も西川材が使われている。

 

厨房の3号車はクローズドキッチンとオープンキッチン、バーカウンターを配置し、

天井に杉板を使用している。

 

多目的スペースを設けた1号車は、

さまざまなイベントに対応可能。

多目的トイレと男性用トイレも設置した。

 

列車の出発後と到着前に放送する車内チャイムは、

音楽プロデューサーの向谷実さんが作曲した。

車内では埼玉県の食材を中心に、

埼玉県産の牛肉をテーマにした料理を提供。

 

列車の運行時刻にあわせ、

「ブランチコース」と「ディナーコース」の2種類が用意される。

 

総合監修は日本料理店「つきぢ田村」三代目の田村隆さんで、

和食を「La BOMBANCE」オーナーシェフの岡本信さん、

洋食を「Restaurant La FinS」オーナーシェフの杉本敬三さん、

中華を「海鮮名菜 香宮」料理長の篠原裕幸さんが、

それぞれ担当する。

 

 

西武池袋線 池袋-西武秩父

西武新宿線 西武新宿-本川越

の区間で運行し、秩父や川越の観光をより楽しめることができそうです。

 

 

電車は現在、秩父線で運行されている4000系を改造したもの。

 

観光列車は昔から、利用されていた列車を改造することが多く、

JRや東武などもほとんど改造車であります。

 

 

一人あたりの旅行代金は、

ブランチコースが1万円、

ディナーコースが1万5000円で、

予約は2~4人単位になる。

現在は6月26日運行分までの予約を受け付けているが、

専用予約サイトによると、

ブランチコースは満席の状態(4月14日14時50分時点)だ。

 

 

いやー1万円か~。

 

 

普段の通勤とは違う空間を味わうのもよいかもしれません。

 

全国でこのような観光列車が増えてきました。

 

なかなか関東から出て乗りに行くことができませんが、

西武線であれば近いので乗るチャンスがありそうです。

 

 

本気で検討したいと思います。

 

 

世田谷区尾山台・等々力・九品仏・上野毛

東京都市大学生向けの賃貸物件情報は

有限会社二葉不動産