街情報や施設情報はもちろん 日々ブログを書きます。 

畳の大きさは日本の各地域によって違うって本当??

【畳によって寸法が大きく異なります。家具を購入前に採寸を】

 

日本の古くから使われています「畳」

実は地域によって大きさが違うのってご存知ですか??

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

日本には6種類の畳の大きさがあるといわれております。

 

まず面積の単位からお話いたします。

よく●●坪、△△畳(帖)といわれたりしますが、

具体的な大きさを知っていますか?

 

まず「坪」の単位から

1坪 約3.3㎡です。

 

次に「畳」の単位です。

1畳 約1.62㎡です。

 

ということは1坪=2畳という単位となります。

 

単位はこのようになりますが、すべての畳が1.62㎡ではありません。

こちらをご覧ください。

 

もう迷わない 面積の単位・畳の種類」 pdfファイル

20150223115726_00001

 

①京間・本間 191cm×95.5cm 1.82405㎡ 関西・四国・九州地方

②六二間   188cm×94cm    1.7672㎡    九州地方の一部

③六一間   185cm×92.5cm  1.71125㎡ 近畿・中国地方の一部

④中京間   182cm×91cm   1.6562㎡  愛知・岐阜・三重・福島

岩手・北陸地方・奄美

⑤江戸間   176cm×88cm  1.5488㎡  関東地方を中心・全国

⑥団地間   170cm×85cm  1.445㎡   公団・集合住宅

 

1.62㎡に一番近いのが④の中京間でした。

古い家には①の京間が多く、現在は⑤の江戸間が多く使われて

いるようですね。

畳の厚みは55cmが一般的でした。

 

畳屋さんが畳の種類を丁寧に説明しているサイトを見つけたので

リンクを貼り付けます。より知りたい方はこちら

 

間取り図では畳の枚数(△△畳)と記載はされておりますが

明確な面積は記載されておりません。

 

入居時に寸法を測る際には、畳の大きさを確認して

からお部屋に置く家具の配置を考えましょう。

 

 

二葉不動産 バナー1

 

 

お部屋探しのポイント

お問い合わせお待ちしております。 TEL 03-3701-2262 10:00~18:00(第三火曜日・水曜日定休)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お部屋探しのポイント

PAGETOP