「地番」と「住居表示」の違い。ご存知ですか?

【地番、住居表示 どちらも重要な番号です。】

日本国内には地番、住居表示と2つの番号が存在します。

 

「地番」という言葉を聞いたことはありますか?

地番の説明

地番(ちばん)とは一筆の土地ごとに登記所が付する番号をいう。

主に不動産登記で使用されるほか、住居表示が実施されていない地域

では住所をあらわす時にも利用されることが多い。住居表示に関する

法律に基づいて市町村が付する住居番号とは異なる。

不動産の売買などの際には住居表示は利用しなく地番を利用します。

 

では「住居表示」とは何でしょうか?

住居表示(じゅうきょひょうじ)とは、日本の住居表示に関する法律に基

づく住所の表し方である。地番とは異なる。地番より住居表示に変更す

ることは市町村が決定し変更する。

住居表示に関する法律(じゅうきょひょうじにかんするほうりつ、昭和37

年5月10日法律第119号)は、住居表示の制度とその実施についての

措置を定めた日本法律である。略称は住居表示法(じゅうきょひょう

じほう)。この制度が実施される区域内の住所は、町名・字名と地番

はなく、町名・字名と街区符号住居番号または道路の名称と住居番

号で表される。

 

昭和に決められた法律に伴い住所を判りやすくするために決められた

番号です。

東京でもすべての場所が住居表示化しているわけではありません。

府中市、八王子市などの政令都市でも地番表示です。

 

市町村においては住居が増えている地域において地番より住居表示

に変更を行っており、私が住んでいる川崎市でも地番より

住居表示に変更された箇所があります。

 

地番が住居表示に変わることによって消滅するわけではなく

住居表示も地番も同じ番号という場所、

1つの場所に2つの番号が存在する場所

があります。

 

 

例をみてください。

公図

等々力5丁目一体の地図(法務局で取得できる地図)です。

この公図といわれる地図は不動産取引でかなり重要な書類

でこの番号は誰が所有し、どのような権利があるのかを調べる

のに利用します。

 

続いてはこちら

地図

住居表示が記載された住宅地図です。

この地図は住所が記載されており不動産業者は場所を確認するため

に利用するこちらも重要な書類であります。

 

実は「この一帯」と記載した場所と上の公図は同じ場所を

示しています。

 

地番ですと細かすぎてわかりずらくないですか?

この公図はまだ細かくないほうで場所によっては

虫眼鏡を利用しないとよくわからない場所もあるくらい

です。

 

また地番ですと番号が密集していないところもあり地図を見ても

どこだかよく判らないことがありますが、住居表示であれば

ほとんどの場所が密集しているのでとても判りやすいのです。

 

不動産取引ではこの地番を利用します。

売買している図面を見てみる機会があったら所在地欄をご確認

くださいね。

ちなみに賃貸では売買目的ではありませんので住居表示を

しております。

 

世田谷区尾山台・等々力・九品仏・上野毛、東京都市大学生向け賃貸物件情報 (有)二葉不動産
世田谷区尾山台・等々力・九品仏・上野毛、東京都市大学生向け賃貸物件情報 (有)二葉不動産

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

街情報や施設情報はもちろん 日々ブログを書きます。