都市ガスとプロパンガスの違い

【都市ガスとプロパンガスの違いは??】

 

皆様のご自宅のガスは都市ガス?もしくはプロパンガス?

どちらでしょうか?

 

都市ガスとプロパンガスにはメリット・デメリットがあります。

よくyahoo 知恵袋などでプロパンガスは都市ガスの2倍以上の

料金を取られるので嫌だ!!という相談もありますが、

 

実は違うのです・・・・

 

違いをお伝えさせいただき皆様のお役に立てれば幸いです。

 

①都市ガスとは?

関東で言うと「東京ガス」です。いわゆる都市の会社が道の下に

「ガス管」を埋設し各家庭に供給しております。

幹線道路の下や一般道路の下に埋設されているのが

一般的で基本料金も使用料も東京ガスの規定による料金です。

 

②プロパンガスとは?

道路の下に配管を埋設できない箇所、もしくは山岳部、海沿い

など場所はさまざまですが配管の変わりにプロパンガスボンベ

を建物近くに置いてガスを供給します。

 

プロパンガス業者が日本に多数存在し、業者は選択可能です。

建物の脇にプロパンガスを置いて直接供給する方法で、

会社によって基本料金、1㎥あたりの料金が違います。

ですので地域によって利用状況で値段が変わってきます。

 

またプロパンガス利用開始時には保証金が必要です。

プロパン業者に預け、解約時に返還してもらうのが一般的です。

 

③熱量の違い

1㎥あたりの熱量がプロパンが都市ガスの約2.23倍あり、

家庭でもプロパンガスのほうが火力が強く

おいしい料理が作れるよというのはこの熱量の

ことを指します。

 

ですのでプロパンの1㎥と都市ガスの1㎥は同じではありません!

 

プロパンガスが20㎥であれば都市ガスは

20㎥×2.23=44.6 切捨て44㎥と一緒です。

  • ※都市ガス(13A)の熱量を45MJ/m3 プロパンガスの熱量を100.47MJ/m3として計算した場合

1㎥を同じように計算するとプロパンガス料金が

2倍以上になってしまいます。

 

④料金の違い

②でもお伝えしましたがプロパンガスは会社によって

基本料金と㎥あたりの料金が異なります。

 

しかし、都市ガスのように大会社が一括で引き受けているのに

対しプロパンガス業者は規模が小さく都市ガスほど供給

できないためプロパンガスのほうが高額となります。

 

また定期的にプロパンガスのガス補充のため業者が

プロパンガス交換をしてくれます。交換代も含まれる

ます。

 

料金は都市ガスの1.2~1.5倍であると考えます。

 

⑤災害時の復旧

料金で見ますと都市ガスのほうが安くいいのではと思われますが

もし災害で道路や施設が壊れてしまいガスが供給できなくなって

しまう場合はかなりの復旧時間を要します。

しかしプロパンであれば建物の近くにボンベがあるため早い段階

で復旧できるメリットがあります。

 

⑥貸主様の立場からするとどうか??

新たにマンションを建築することになった貸主様

前面道路にはガス配管が埋設されております。

 

さて、都市ガスとプロパンガスのどちらを導入しましょうか?

 

導入に当たっては都市ガスのほうが高額な費用が発生します。

なぜかというと前面道路の配管を工事し分岐させ、建物内に

埋設工事しなければならないからです。

前面道路のアスファルトを壊して配管を見つけて工事します。

その工事費用は貸主様負担です。

 

このときに貸主様がどのように考えるかによりますが、

都市ガスは導入費用が高いのでプロパンガスにしよう!

と考える貸主様もいらっしゃいます。

 

ただ導入時の費用は高額ですが毎月の支払いは都市ガスの

ほうが安価で借主様にもお得な条件となりますので、

ほとんどの貸主様は都市ガスを選ばれます。

 

まとめますと、都市ガスのほうがプロパンガスよりも毎月使用料金が

安くなります。しかしプロパンなりの火力が強いこと、災害時のメリット

もありますので一長一短です。

 

 

世田谷区尾山台・等々力・九品仏・上野毛、東京都市大学生向け賃貸物件情報 (有)二葉不動産
世田谷区尾山台・等々力・九品仏・上野毛、東京都市大学生向け賃貸物件情報 (有)二葉不動産

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

街情報や施設情報はもちろん 日々ブログを書きます。