【不動産売買契約書に添付する印紙優遇措置について】2020年3月31日まで期間延長しました。

こんにちは営業部の原です。

不動産の売買に伴う契約書についてですが、

価格に応じて印紙を貼らなければいけません。

10万円未満は非課税なのですが、

1,000万円~5,000万円未満であれば、印紙は10,000円。

5,000万円~1億円未満であれば、印紙は30,000円。

など国税庁が定める印紙を添付しないと印紙税法違反に

なってしまいます。

上記の印紙代は平成30年3月31日まで優遇措置が

あり、印紙税が安くなっておりました。

しかしながら先月に期間が終了してしまっており、

現在はいくらなのだ?とインターネット上を

調べても掲載されておりません。

今後もこともありますので、

国税庁に電話をして確認を取りましたところ、

2020年の3月31日まで延長された旨、

そして国税庁のホームページ内の、

パンフレットを参考してほしいということで、

ホームページに入りダウンロードさせていただきました。

このようなお金については確認が必要です。

多分大丈夫だろうと思っていたことが、

実は駄目だったということもあります。

確認してホッとしております。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください