日本一 暑い場所に行ってみるの旅 「佐野、足利、太田、熊谷  両毛地区」

おはようございます。営業部の原です。

昨日は休暇を使い私がまだ訪れたことのない場所

「栃木、群馬の両毛地区」に行ってきました。

以前から両毛地区には興味があり北関東で近いのに用事もなく

東北道や関越道でも通過してしまうエリアで、

熊谷や館林は日本一暑い場所!(8/5は最高気温39.5度)

を体感してみたいなとも思っていました。

1日を簡単にまとめてみました。

<ここから旅行記>

早速朝9時前に出発し川崎市の自宅より東名高速に

入る。

(入る前にガソリンを給油し、コンビニでアイスコーヒー【ドリンク1回目】

サンドウィッチ購入。)

いきなり東名高速上に故障車があるということで

東名川崎インターより東京インターまでなんと40分も

かかってしまう。(通常は8分ほど)

首都高速も混んでいるので、環状八号線を使い

笹目通りを通り大泉インターより外環自動車道に。

外環自動車道は順調で川口JCTより東北道に入るが

今度は事故渋滞。

車の中に乗っていた方は特に怪我している様子は

なかったが、車のボンネットは破損。走行不可の状態。

事故渋滞を回避し順調に車を走らせて、「佐野藤岡インター」

で降りる。

降りたすぐに佐野プレミアムアウトレットやイオンモールも

あったが今日は通過。

佐野ラーメンを食べたいのでまず佐野駅前で車を止める。

まず一言 「暑い!!!」

街に人が歩いていない・・・

高校生が駅から出てきたくらい。

駅近くの中華料理屋で佐野ラーメンをいただく。

(ラーメンの写真はございません。とりずらかったもので・・・)

正直・・いまいち。

店チョイス失敗したと反省しながら「佐野厄除け大師」へ。

あの関東ローカルCMで有名なところ。

年末年始に必ず流れている。

厄除けが中心なので本堂中に多数の方が。

本厄ではないが身体を労わって購入。

相変わらず暑いのでアイスコーヒー購入【ドリンク2回目】

続いて足利市へ 車で佐野から約15分ほど

渡良瀬川のほとりに行ってみる。

森高千里の歌にある「渡良瀬橋」

車道がせまいトラス橋。歩道は別にあり。

歌碑も橋横にあったので立ち寄って眺める。

足利市を散策し(かなり広く発展している都市だった)

足利学校などの観光名所もあったが時間の関係で次の

機会に。

足利市を出発し東武伊勢崎線沿いを。

太田の駅を通り熊谷方面へ。

途中で麦茶、ジャスミン茶【ドリンク3,4回目】

熊谷に行く途中の「道の駅 妻沼」で休憩。

ちょうど2時すぎで暑さもピークへ。

気温計がなかったので気温はわからないが多分37℃以上

あるかと・・・

そして駅前に行ってみる。

フジテレビも取材に?

駅前も暑いので駅ビルに行って涼を味わって街を

30分ほど歩いてみる。

さすが新幹線停車駅あって駅ビルや銀行など

あり発展している都市だった。

熊谷からゆっくりと帰るため国道17号を使い

熊谷から高島平まで通り

高島平から笹目通りにはいる。

帰りに温泉に入っていこうと、

10年前に訪れた以来の「おふろの王様 光が丘店へ」

前の仕事が練馬、板橋エリアだったので

疲れを癒しに来たなと・・・

施設内でオレンジジュース【ドリンク5回目】

リフレッシュし自宅へと帰還した。

<旅行記 終わり>

1日でなんと5回もドリンクを購入してしまいました。

やはり暑い時には水分補給は必要だと再認識。

行ったところのないところに訪れるのは楽しい。

今度はどこに行こうかな?

世田谷区尾山台・等々力・九品仏・上野毛の賃貸マンション、

賃貸アパートのお探しは、有限会社二葉不動産へ。東急大井町線尾山台駅そば

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください