【お客様が同じ業界人としての付き合いに】 日ごろの行いを大切にすることが重要

こんにちは営業部の原です。

 

 

いやー今日はびっくりしました。

まさかこのような形でお会いするとは!!

 

 

3年前にご案内したお客様が、

まさか同業者となり当社の物件を申し込みしてくるとは~!

 

 

3年前に私は、横浜市の不動産業者に勤務しており、現在と同じく

お客様の物件紹介をメインで動いておりました。

 

当時、とある女子学生が世田谷区の住まいを希望され、

お父様とご来店し九品仏の物件をご案内して

 

成約していただいたのですが、
その後、私も現在の会社に就職し、彼女も引越されたので

どちらに行かれたかはわかりませんでした。

 

 

そして、3年後・・・

 

 

先日、大手の不動産業者の女性営業マンが、

当社の管理している物件をお申込していただき、

契約書類をお渡しするために弊社にお越しいただきましたわけですが、

 

 

名刺交換をする際に、

先方から

「以前、私の家をご紹介していただいた営業の方ですね!

まさかお会いできるとは!」

と言って来てくれました。

 

 

え?まさか?

 

あのときの?

 

 

私もすぐに当時の記憶がよみがえり、

「いやー久しぶりです。就職おめでとうございます!

こうやって尾山台で会えるとはすごいことだね~」

と今後のお付き合いの気持ちをこめて、

名刺交換させていただきました。

 

 

電話ではまだまだ、たどたどしく交渉においても

足りないところが多かったので、

若い女の子だなと思っていましたが、まさか・・・

ご案内したお客様が同じ業界に就職し、

このようにお取引ができることに感動しております。

 

 

また、日ごろの行いが悪いと、

違う形でしっぺ返しがくるな・・・とも思いました。

 

 

お父さんもお元気だということで安心しました。

 

Sさん今後も頑張ってくださいね!

 

 

 

世田谷区尾山台・等々力・九品仏・上野毛

東京都市大学生向けの賃貸物件情報は

有限会社二葉不動産

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください