【高齢者の地方移住、「したいと思わない」が83%に/オウチーノ調査】 情報発信が重要

 

おはようございます営業部の原です。

 

ネットニュースでこのような調査結果が発表されていました。

 

【高齢者の地方移住、「したいと思わない」が83%に/オウチーノ調査】

 

記事について

(株)オウチーノは、首都圏在住の65歳以上の男女522人を対象に「高齢者の地方移住」に関するアンケート調査を実施。1日に結果を公表した。

 「地方に移住したいか」については、83.3%が「移住したいと思わない」と回答。その理由としては、「旅行は良くても住むのは別だから」、「実際に移住して初めて分かることが多いと思うと不安」といった意見が挙がった。 

 2015年6月に日本創生会議が公表した「東京圏高齢化危機回避戦略」で公表された移住候補地ランキングの中で、「地方に移住しなければならなくなった場合、どの候補地を選ぶか」については、1位が「沖縄県宮古島市」(37票)となり、「石川県金沢市」(29票)、「岡山県岡山市」(26票)が続いた。
 上位の地域を選択した理由としては「気候風土とも良いと思うから」「災害が少ないから」という回答が過半数を占め、暮らしやすさを優先する高齢者が多いことが分かった。

 一方で、「移住したいと思わない」と回答した人を対象に、「何が解決すれば地方移住を考えられるか」を聞いたところ、「何が解決されても地方移住は考えられない」(43.3%)との回答が最も多かった。
 同社では、「高齢者の地方移住は合理的な考え方なのかもしれないが、当事者たちの理解を得るには課題が多そうだ」との見解を示した。

 

首都圏に住んでいれば、買い物も便利だし、移動も充実しているので

わざわざ地方に行く必要はないだろうと、観光で十分だろうということ

でしょうか・・・

 

たしかに先日、出張で地方に行ってきましたが、たまに行くのはよいで

すが実際に住むとなると・・・と自分も考えてしまいます。

(首都圏出身のため)

 

仕事を引退してあこがれていた地に住みたいと思っている方

もいらっしゃるかと思いますが、最終的に自分の介護が必要になった

場合、どうしよう・・・と。はたして自分のお子様たちはかけつけてくれる

でしょうか。今後の課題だと思います。

 

私は、首都圏出身のため記事と同じ意見であります。

やはり生まれ育った環境は大きいかと思います。

 

今もなお、地方から都会に引越される方が多く、人口増減が

二極化しております。

 

弊社がある場所は首都圏ではありますが、首都圏でも

人気の地、不人気の地があります。

 

私は、ブログや普段の生活を通じて街情報やイベント情報を

発信し、自分の出身地はこんなにいい場所なんだというのを

お伝えするようにしています。

 

どの場所もそうですが、「移住したい!」と思っていただける

ように情報発信していくことが重要かと思います。

 

これからも情報発信していきたいと思います。

 

二葉不動産 バナー1

 

世田谷区尾山台・等々力・九品仏・上野毛、東京都市大学生向けの

賃貸マンション、賃貸アパートのお探しは、有限会社二葉不動産へ

東急大井町線尾山台駅そば

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください