退去時は要注意! 敷金の精算について

2015年3月の記事を再掲しました。

こんにちは営業部の原です。

今日は快晴で気持ちいいですね。

朝から新築の立会いや物件の写真撮影をして参りました。

さて、引っ越しが活発な時期になりました。

入居をする方もいれば、退去をする方もいます。

質問です。あなたは契約時に「敷金」を預けましたか?

また敷金がない場合は退去時の諸費用について説明や

書類で確認しましたか?

敷金があれば、一部は敷金でカバーできますが

0ですと・・・退去時に費用全額を支払わなければいけません。

敷金が0ということは必ず何か退去時に掛かる費用が

あると考えてください。(99%は退去時にお金が掛かります。)

しっかりとした会社ですと、敷金ではなく初期費用に掛かるお金と

して「ルームクリーニング代」と金額を明示していることや、

契約時に退去時に何が掛かるかを

明確にしているところもありますが、記載していない会社もあります。

記載していない会社、明確な説明がない会社(貸主)は

退去時に高額なリフォーム代を請求してくることが多いです。

退去時に高額な請求がある場合、2つ理由が考えられます。

①管理会社、貸主が悪質か?

②誰が見ても汚く、原状回復が大変な場合

①に関しては、ゆるせることができませんね。このような方がいるので

不動産業が悪いイメージになってしまうのです。腹立たしいです。

(消えてなくなってほしいですが)

業界でも「あれ、あの不動産屋おかしいのでは?と思うことがあります」

ひどい場合は宅建協会などの協力のもと是正していただくように

しております。

もし自分があまりにもおかしいなと思った際には、

消費者相談センターや不動産適正取引推進機構に相談しましょう。

私はおかしいなと思った不動産業者、貸主とは取引いたしません。

②について、

入居者の故意・過失や通常の使用方法に反する使用、

粗末に物を扱って壊してしまっている場合などは当然に

入居者負担です。

壁に穴があいている、床が腐っている、お部屋全体が

タバコのヤニだらけで全部の設備を交換しなければ

いけない・・・などです。

私どもも退去時に確認しますがあまりにもひどい場合は

請求させていただきます。これは高額になってしまっても

仕方のないことです。

なお弊社が所属している東京都では、

「賃貸住宅の紛争防止条例に基づく説明書」pdf

を契約時に必ず説明しております。

請求の際にはかならず掛かった項目・金額を

明示しなければいけません。

弊社では敷金精算書を利用しております。

敷金の考え方についてより細かく知りたい方はこちら

お部屋を借りられる方は、しっかりと契約の際に

書類を確認しましょう。

入居された方は、契約されたときの契約書を読みましょう。

不明な点がある場合は事前に契約された不動産屋に確認

しましょう。

「貸主様と借主様の契約が無事に終了し気持ちよく終わりにしましょう」

二葉不動産 バナー1

世田谷区尾山台・等々力・九品仏・上野毛、東京都市大学生向けの

賃貸マンション、賃貸アパートのお探しは、有限会社二葉不動産へ。

東急大井町線尾山台駅そば

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください