【街灯の所有者はだれ?】調べて対応するのも不動産業務のひとつ。

こんにちは二葉不動産の原です。

お客様の敷地にある街灯について。

もともと私道があり周りに建物が立ち並んで
いましたが建物老朽化により取り壊されて
周りはすべて駐車場になった場所があります。

そこの立っている街灯。

東京電力の電線が接続されて電気がついておりますが、

この街灯はだれのものなのか?

移設するには?

また電球を現在のLEDタイプに変更するのは
誰に許可をとればいいのか?

そのような業務も不動産業務のひとつです。


まずは電線が接続されている東京電力に連絡。

回答は東京電力の電柱でないので、
世田谷区に聞いてほしい。

次に世田谷区役所の街灯窓口に訪問して
相談しますと、

補助等は現在していないので、
管轄は町内会になりますとのこと。

そして後日町内会長と土地所有者の立ち合い。
という流れになりました。

最初から町内会とわかれば苦労ないのですが、
こうやって1つずつ確認して、
協議していかないと解決しません。

勝手に作業してしまった後の苦情、
および損害賠償のほうがお客様にとってご迷惑
ですので、
しっかりと取り組んでまいります。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください