【「アンパンチ」で暴力的に?心配する親】・・・そうですかね?

こんにちは二葉不動産の原です。

私が小学生の頃に始まった「アンパンマン」。
三十数年放送されていてお子様に大人気です。
娘も大好きで毎回楽しみにしております。

さて、ネットでこのような記事が出ておりました。

「アンパンチ」で暴力的に? 心配する親

主人公のアンパンマンが、悪さをするばいきんまんを「アンパンチ」でやっつけますが、この場面を見た乳幼児が「暴力的になる」と心配する親の声がネット上で見られます。

アンパンチでバイキンマンをやっつけ、
「めでたしめでたし」とする話の流れが、
「暴力で物事を解決すること」をよしとする考えを
植え付けないかという意見です。

逆に「全く影響ない」とする声もあります。

・・・とのこと。

今まで考えたことない発想です。
見せたくないという親がいるのだと
知りましたよ。

暴力的な描写であれば、
私たちはみな暴力に狂った人間に
なってしまうのでしょうか。

を成敗するのがダメであれば、
ドラゴンボールも、北斗の拳も
そして時代劇もだめではないですか。
人を殺めてしまうこともありますから・・・

北斗の拳なんて、人間が破裂しますからね。
今見てもすごいなと感じる漫画です。

それよりもおとうさん、おかあさんが暴力を
振るわないようにしっかりと教えてあげることが
重要かと思います。

もしお子様がお友達に「アンパンチ」といって
殴るようであれば、
しっかりと「人に手を出してはいけない」と
教育することが必要で、
アニメと現実は違うのだということを言うこと
だと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください